はっとり歯科の治療の流れ

現在のはっとり歯科は以前と違って、高度な歯周病治療や咬み合せを含めた総合的な治療希望が増えております。予約の間隔は2~3週間空き、期間がかかる事はあります。

①予約された初診

基本的に治療は行いません。
突然来院されても対応できません

  • 問診(現状・今までの治療歴)での病状把握
  • はっとり歯科のシステム説明

システム了解受け入れ後

②検査

歯肉・レントゲン・必要により歯型
場合により応急処置

診療後、院長がプランニング

③大まかな診療内容の説明・相談

虫歯・歯周病のでき方について

④基本治療

  • 治療としての歯石取り
  • 虫歯治療
  • 歯磨き(大事です)チェック

必要に応じて歯周病外科処置

軽い歯周病には外科はありません。保険内・保険外あり

咬み合せの回復

被せものの打合せ

メインテナンス(定期健診)

(歯科)治療を効果的に受診されるには、病院といい人間関係を作られるかが重要です。

自費治療も流れは一緒です。但し保険診療は使える技術・材料が限られます。
(歯科の保険治療は最低限をカバーする物です。「より良く」を望まれる時は保険外も考慮されて下さい)

虫歯治療

(一部保険外)

虫歯治療は、Dr.の技術と人柄が出ます。
院長はDr.Beachの創設したHPIにて人間工学に基づいた歯科治療を4年間学んでおります。そのトレーニングでは千本を超える模型歯を削ってミラーテクニックをマスターしております。ミラーテクニックは通常見えにくい上顎の歯を小さな鏡で見ながら、正確に削ったり埋めたりする技術です。このテクニックを歯科医師がマスターしておりますと、保険・自費に関わらず患者さんには正確に治療してもらえるというメリットがあります。またマイクロ(顕微鏡)治療の際もミラーテクニックは極めて有効です。

患者さんの歯を守るために必要に応じて隣接面ガード(メタルテープで隣の歯を守る)を使い、深い虫歯には丁寧な覆罩処置を行っております。歯との接着剤は原則としてS-PRGフィラー含有の虫歯予防効果の高い物をやや高価ですが使っております。
歯を削る仕上げや型取りがきれいなため、開業以来技工士さんから高い評価を得ております。


①隣の歯を守る金属テープ


②神経を保護する薬


③保険の詰め物

隣接面ガードから覆罩の例:
まず隣の歯を薄い金属テープで守り、その後深い虫歯をミラーテクニックで齲蝕検知液を用いながら慎重に取り除き覆罩剤(神経への刺激を防ぐお薬;2層)を行い充填します。この患者さんは神経を守る事ができました。

痛くない治療?

3社から選んだ電動浸麻器と予備麻酔を併用しております。しかしできる事は、従来より痛みが少ない程度です。
滅菌と一緒でこの程度の事は良識ある歯科医であれば当たり前にしている事と思います。

小児歯科・予防歯科

小児治療でも、予防歯科の概念から極力術前に咬翼法(バイトウィング)レントゲン撮影をして、虫歯の進行状態を正確に把握し、治療の必要性があるかどうかをまず考えます。軽度であればフッ素塗布を行いながら経過観察を行います。

治療が必要という時は麻酔も必要ですので痛みの少ない電動浸麻器で麻酔を行います。乳歯の神経の治療はうまくいきにくいと言われますが、当院では決して経過は悪くないです。唾液が多い下顎ではラバーダムを使っているからかもしれません。写真はラバーダムを使用した神経の治療から4年経過後に自然に生え変わった乳歯治療です。

矯正治療

(保険外)

矯正治療を行う際は、セファロ写真分析に加えて顎運動測定を行って始めます。他院で矯正をした後で、顎が開かない・顎の調子が悪いという例を過去に見てきたからです。
極力上記のような問題が出にくいように治療を行っております。装置は表から見えるものを使い、メタルです。治療中の見た目より大事な事があると思います。抜く歯は親知らずをメインとしております。

セファロ写真

顎運動診査


Aさん


Bさん

AさんとBさんでは顎の動きが違います。

顎関節症

(精密な診査が必要なものは保険外)

顎関節症は保険内ではマウスピース(スプリント)による対応が主ですが、これのみでは咬み合せに対する根本治療が必要な場合、検査が足りず、診断・治療が困難です。本格治療では顎運動診査を始めとする保険外の検査も必要です。


1の図


2の図

2の図の顎の動きには問題があります。
顎運動測定により顎の動きの問題点を捉える。そのデータから治療(改善)目標を考える。但し発症が古い症例では完治は難しいのが現状です。

口腔外科(親知らず、抜歯) 

親知らずは、虫歯等の問題がある時は原則抜歯しております。最初勤務した医院がアメリカ人のDr.Beachが創設した医院という事もあると思います。アメリカでは親知らず(wisdom tooth)は躊躇なく抜歯のようです。英会話を教えるALTの先生達は話が早いです。
治療において、できるだけ歯を残すというのは原則ですが、親知らずは例外です。
虫歯・歯周病・咬み合せと問題を起こしている事が多いです。

現在は必要に応じて事前にCT診査できるので、以前に比べて術後症状が低下したように思います。

難しい埋まった親知らず抜歯を始め、口腔外科処置も当院で対応できる事はしております。
また、開業以来、悪性腫瘍を発見した事が何度もあり、『命の恩人です』と言われた事が何度もあります。(上顎癌(他院で歯茎が治りにくいと言われ来院。紹介時に手遅れだったが前医は発見できず)、歯肉癌(義歯使用。一人暮らしのため息子さんに来ていただいた。手遅れにならず存命)、血管腫(他院では歯肉炎と言われ健診のみされていた。)三叉神経痛(他院で原因がわからず、対症療法のみされていた)、顔面神経麻痺その他。当院にて発見。

根管治療(歯の神経の治療)

(ほぼ保険内)

院長は母校の九州大学歯学部同窓会で2006年、2014年に根管治療の歯科医師対象の講演を行っております。また2009年の顎咬合学会九州・沖縄学術大会にて、2015年には九州のカリスマ歯科医師下川公一先生主宰の経基臨塾にても別内容で根管治療の講演を行っており、ありがたいことに同業者からの高い評価をいただいております。
その評価に甘んじることなく、現在はデジタルレントゲンに加えてCTを使った3次元診断、歯科用顕微鏡を使ったより精度の高い根管治療にも取り組んでおります。

歯周病

(一部保険外)

院長は日本歯周病学会歯周病専門医です。そして臨床歯周病学会の認定医です。
当院のミッションは『歯周病治療からメインテナンスでお口の健康を守る歯科医院』です。
本ホームページの歯周病専門医の項をご覧になって下さい。
受診された方には必要に応じて歯周病の説明をして治療に入っております。
再生療法(エムドゲイン)を、ただ『している』のと診断を含めて『結果をきちんと出している』は違います。

入れ歯(義歯)

(保険内・保険外あり)

院長が開業した1991年当時は特に入れ歯(義歯)の状態が悪い人が多く、朝から夕方までほぼ1日中丸3年間はひたすら義歯の治療をしておりました。しかも吸収した難しい顎の形の患者さんが多く、勤務医時代に1年に一人来るか来ないかの難しい入れ歯が毎日という状態でした。その当時に技術を磨いたお蔭で、当院の義歯の紹介の方は周辺地区(みやき町、鳥栖市、大川市)からもおみえになります。
独自のシステムがありますので、回数が他院より多く、期間がかかると思いますので、回数や期間・来院の交通手段に制限のある方は向かないと思います。
義歯の方も来院時は必ずお電話をお願いします。

インプラント

(保険外)

院長は症例提出し、東京での口頭試問試験に合格した臨床歯周病学会の歯周インプラント認定医です。

1992年に日本先端技術研究会の100時間コースを受講してからインプラント治療を行っており、経過20年症例もあります。周辺で20年経過症例を持っている医院は極めて少ないと思います。
GBR、サイナスリフト等の高度技術も普通に行っており、同業者対象のインプラントの講演・発表を行っております。
しかし、インプラントは口腔機能回復の一手段ですから、+あまりこれだけを取り上げるのもどうかと思います。

2017年で23年経過のインプラントです。

審美歯科

(ほぼ保険外)

必要に応じて審美歯科にも対応しています。真ん中の隙間にラミネートベニアの例です。

ホワイトニング

(保険外)

ご希望の方のお口を拝見し適応であれば、行います。
院内(オフィスホワイトニング)と家庭(ホームホワイトニング)をしており、ホームで効果が出にくい人は、オフィスを併用することが多いです。

総合治療

(保険外治療が必要な事が多い)

歯科は実は総合的な学問です。神経の治療・歯周病治療・矯正・被せる治療・インプラント等を院長がフルラインでできるので、難しい保険外の仕事は、院長の経験が一番活きる分野です。
実例はいろいろとあり、来院された方の治療と関連する時は実例をお見せして説明しております。
しかし、長い経験の中で、人間のできる事には限界があるという事もわかっております。
限界の中でのBetterを求めるという事もあります。

審美歯科
ホワイトニング